おいしくご飯の保管方法

さっきの温かい白ご飯には、何を乗せて食べてもおいしいのに、毎日ご飯を食べるのが面倒でした。 何日保管しても炊き立ての味を維持できれば良いのに、と思っているなら誰でも真似できるご飯の保管方法があるので知っておいてください。

電気炊飯器でご飯を保管すれば味が変わるうえ、電気料金まで負担になって良い方法ではありません。 美味しいご飯を食べたい時は保温ではなく冷凍方法なんですよ。 とりあえず1人分量でラップまたはビニールに入れて冷凍させてください。 薄く伸ばすと時間が短縮でき、後で電子レンジに回す時に熱が均一に伝わって美味しくなるんですよ。 そして、熱い状態でラップに包むと、水分蒸発しないからおいしいです! 熱い状態ですぐ入れたら冷蔵庫が壊れるって怒られるから。。。 冷ました後に入れてくれます。

ご飯の冷凍保管する理由がありますか。 炊きたてのご飯は、米の主成分であるデンプンがふっくらしていて、冷めてしまうとデンプンが元に戻り、食感が低下します。 デンプン老化現象で食欲が落ちてきます。 デンプン老化は1度~4度で活発になるため、ご飯は冷蔵室ではなく必ず冷凍保管しなければなりません。

冷凍保管したご飯は解凍させずに電子レンジで回すとより美味しいですよ。 2分ほど温めてから、電子レンジ専用の容器に入れてもう1分温めてお召し上がりください。 ご飯を冷凍すると3週間ほど保存でき、保温するよりも味を維持するのに効果的です。

Post a Comment

0 Comments