飛行機の耳痛を事前にどうやって対処するのですか?

飛行機に乗ると空気圧が変化し、耳の痛みを引き起こします。多くの人々は、特に着陸時に激しい痛みを感じます。全く持っていない人もいますが、飛行機の痛みで目的地に到着する前に落ち着かないように対処方法を教えてください。

耳の痛みが発生する理由は、気圧の変化によるものです。飛行機が上昇または下降しているときに気圧が突然変化すると、耳の内側の圧力調整ダクトが詰まり、かじったり痛みを引き起こしたりします。これは、空気圧の急激な変化に耳の中で素早く反応できないことが原因です。

旅行を計画している場合は、飛行機の痛みを避けることができるように、事前に準備することをお勧めします。簡単に知る方法があり、試してみることができます。離陸と着陸時に、甘いものや酸っぱいもの、チューインガムを食べる方法があります。運河を開き、口を大きく開いてあくびをすることで、詰まりを防ぐことができます。涙が出るところまであくびをすると症状が改善しました。顎を左右に動かすことも役立ちますが、強く動かすと顎を痛める可能性があります。

鼻詰まりの呼吸をして、鼻詰まりのイメージと耳から出てくる空気を隠しています。これは外耳道を開くのに役立ちますが、鼓膜を痛める可能性があるため、無理に開けないように注意してください。痛みを伴う耳に紙コップを置く方法もありますが、目が気になって自分で試してみるのは難しいです。

イヤーマフを空気圧に合わせて調整する方法があります。効果は人によって異なりますが、耳が不明瞭で聞こえないという症状の一部を防ぐのに役立ちます。耳に痛みがあると、神経が敏感になり、耳栓を用意する傾向があります。

その他には、ヘッドフォンで音楽を聴いたり、鼻炎がある場合は鼻炎スプレーを使用したりすることも含まれます。風邪をひいたり中耳炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などがある場合も、旅行前に治療を受けることをお勧めします。飛行機の耳痛が続く、または耳が聞こえないなどの症状が出る場合は、耳に異常がないか確認してください。

Post a Comment

0 Comments