虫垂炎の自己診断の初期症状?

胃が痛い時に胃腸炎や食中毒をよく思いますが、右下腹部付近に痛みを感じたら虫垂炎と疑って心配です。虫垂炎は胃腸炎だけでなく、迅速な治療が必要なため、虫垂炎や初期症状を自己診断する方法を知っておくことをお勧めします。

虫垂炎、つまり急性虫垂炎は、大腸の端にある炎症性疾患であり、治療しないと爆発して腹膜炎を引き起こす可能性があります。子供の場合、初期の段階で便秘や腸炎と間違えられやすく、高齢者では痛みがそれほど強くないため、治療が遅れます。

虫垂炎の原因は不明ですが、症状は痛いです。最初、上腹部に痛みが現れ、徐々に右下腹部に痛みが移ります。初めはミョンチ周辺が痛いですが、お腹周りが痛いという人もいます。痛みは徐々に12〜24時間下がります。

チクチクする痛みから、右下腹部にズキズキする痛みが生じます。痛みがひどくて、夜は眠れない。痛みに加えて、他の症状も発生する可能性があり、発熱の症状は37.5度から38度の範囲で、食欲や嘔吐がわずかに失われます。

下痢がひどい人もいますが、これらの症状には個人差があります。痛みが変わったら、それはおそらく虫垂炎です。子供の頃、右の胃が痛くて虫垂炎のことを考え始めましたが、食べ過ぎても痛みが出ます。

虫垂炎が初期症状であることが心配な場合は、虫垂炎と診断できる検査項目を確認できます。 1.明智付近で痛みを感じる。 2.吐き気と軽い発熱があります。 3.運動性腹痛。 4.痛みは、上腹部から右下腹部に移動する感覚です。

別の虫垂炎の自己診断方法でジャンプする場合、両方のかかとを持ち上げて床に下ろすときに右下腹部に痛みを感じる場合は、症状が疑われることがあります。虫垂炎を放置すると症状が悪化したり、治療時間が長くなりますので、いつもと違う痛みを感じる場合は、正確な検査を受けるのが良いでしょう。

Post a Comment

0 Comments