アボカドの効能と食べ方

 最近、韓国でも熱帯果物の効能が知られてから、訪れる人が増えています。 熱帯果物のアボカドは、果物の宝石と言われるほどさまざまな効能を持っているそうです。

 アボカドにはビタミンA、チアミン、リボフラビンといったビタミン成分が豊富で、鉄、カルシウム、リンなどのミネラルが多く含まれています。 10大スーパーフードであり、栄養価が高く、ギネスブックにも載っているアボカドの効能や食べ方について見ていきましょう。

- 低血圧に効果がある
アボカドに含まれるカロチノイドという植物栄養素には抗酸化機能があります。 そのため、アボカドを食べると血管壁を丈夫にする効果が見られます。 また、不飽和脂肪酸の割合が高く、血液の流れを改善して血圧が高い人だけでなく、血圧が低い人にも良い効果があります。
- 便秘解消
食物繊維が豊富で便秘を解消してくれます。
- 体脂肪分解
ビタミンB2が豊富で、整腸作用とベータシトステロールが総合作用し、体脂肪を減らす効果を得られます。
- 美肌。
肌に良いビタミンB2と3が豊富です。
肝臓を保護
抗酸化物質であるグルタチオンが有害物質の解毒を促進し、活性酸素を除去して肝機能の低下を防ぎます。
- 癌を予防
ビタミンEが豊富で、ルーチンとカロチノイドがたくさん入っています。
- 動脈硬化と高血圧を予防
葉酸が動脈硬化の原因となるホモシステインの増加を抑制し、カリウムが豊富で不要なナトリウムを排出させて高血圧の予防に役立ちます。
アボカドの食べ方
アボカドはなるべく生で食べたり、すりおろして摂取します。 脂っこい味を減らすために塩を少しかけたり、キムチと食べることができます。

- アボカドスープ

アボカドやキュウリ、水をミキサーにかければ、高血圧の患者と免疫力が低下した方の一食の食事で十分なスープになります。 アボカドは不飽和脂肪酸が多く、カロリーが高いので、過剰摂取しない方がいいです。

Post a Comment

0 Comments