ビールの冷やし方

飲み物やビールは、ぬるく飲むよりは、歯にしみるほど冷やして飲む方が好きです。 でも、買ってくる途中にすでにぬるくなったり、冷蔵保管するのを忘れることがありますよ。 この時はビールを冷やすいくつかの方法を利用すると、とても涼しく召し上がれます。


キッチンにあるキッチンタオルと缶飲料をご用意ください。 次にキッチンタオルを水に濡らして缶飲料をしっかり包み、10分ほど冷凍庫で保管していただければ結構です。 冷凍庫で冷却されると同時にキッチンタオルの水分が気化し、冷却効果を与えて素早く冷やすことができますよ。

氷が多い場合は、適当な大きさの器に氷を詰めます。 次に缶飲料を入れて3分間手で缶を回します。 温度の差のある物体を接触させると、熱いものは冷え込もうとし、冷たいものは温まろうとする特徴があります。 楽に氷水の中に塩を入れて缶飲料を入れる方法もあります。 塩を入れると氷水の融点が低くなり、早く冷やすのに役立ちます。


氷やキッチンタオルなどでビールを冷やす方法を調べてみたのですが。 缶飲料を冷凍庫に入れたのを忘れる場合もありますので、冷凍庫で保管した場合は時間を必ずチェックしてくださいね。 炭酸ガスを含む飲み物が凍るとかさばって缶が膨らんで爆発することもあります。 それにビールや炭酸飲料が凍ると成分や味が変わりますのでご注意ください.

Post a Comment

0 Comments