多様な酢の効能と活用法

健康食品としてお酢が注目を集めているお酢の活用法と効能について見ていきましょう。 最近は酢を直接作って食べる家庭が増えており、天然酢の場合、健康にいい成分が多く含まれているそうです。

1.酢の効能を調べてみよう

a. 消化と吸収を助ける酢酸成分が入っており、消化を助けます。
b. 他の食べ物と一緒に食べる時、殺菌と解毒作用をします。"食べ物に酢が2%だけ添加されれば、食中毒菌を取り除くことができます。
c. 酢のクエン酸がカルシウムと結合する性質があり、カルシウムの体内の吸収を高めます。
d. 私たちの体の疲労物質や調和の原因となる乳酸と活性酸素を取り除きます。
e. ストレス解消に役立ちます。 副腎皮質ホルモンを促進させてストレスに対抗する力を与え、炎症を減少させます。
f. 悪い成分を解毒し、二日酔いの解消に効果があります。
g. 脂肪分解の効果があり、ダイエットに効果があります。
h. 塩味を甘酸っぱい味に置き換えることで、ナトリウムの摂取を減らすことができます。

2.お酢の副作用

お酢は空腹時に食べると胃に負担がかかります。 そのため、食後30分後に食べるのが望ましく、胃が弱い方はたくさん食べないようにしましょう。酢を飲んですぐに歯磨きをすると、歯膜のエナメル層が傷むことがあります。すぐうがいしないで水だけでゆすいで、1時間後にうがいやうがいやうがいをします。

3. お酢の活用法

デオドラント:水に玄米酢を一滴落としてガーゼに浸した後、脇に当てると汗腺を収縮し殺菌します。酢洗顔:お酢の殺菌作用が肌トラブルを和らげ、お酢の豊富なビタミンEが肌の血液循環を促進させます。 ただ、敏感な肌には副作用が生じることがあるので避けたほうがいいです。洗濯臭:最後のすすぎ段階で、酢3~4滴を落とすと、梅雨の洗濯物の臭いを取り除くことができます。

Post a Comment

0 Comments