膝関節炎の症状、膝関節に良い運動はないか?

最近膝のほうに痛みがあって、階段を上り下りする時も痛みが感じられます。 じっとしていても痛いようで、また膝が腫れている感じもします。  最近、膝の痛みを訴える方が増えているそうです。

 その原因は千差万別で、高齢、肥満や関節の無理な使用などで、靭帯や軟骨損傷による場合が多いです。 過去には60、70代以上の高齢者が退行性関節で膝の痛みを訴えたが、最近は若い人も過度な運動のせいで膝の痛みと関節炎で苦しむ人が多いそうです。

a. 関節炎とは
関節は骨と骨の間で外部の衝撃を吸収し、身体の動きを自由にする働きをします。 このような関節に炎症ができる病気を関節炎といいます。

膝関節には半月板、軟骨、靭帯、筋肉、筋などがあり、このうち一つでも問題が生じると膝関節が擦り減って骨と骨が接触して痛みを感じるようになります、これを退行性膝関節炎といいます。

b. 膝関節炎の症状

膝の関節炎になると現れる症状としては、膝が理由もなく痛くなったり、座ったり、歩くときに膝から音がするなどの症状があり、少し無理をすると膝の関節が腫れやすくなり、日常生活に大きな支障を与えたりします。

c. 膝関節炎の予防法
退行性関節炎は特発性として、その原因がはっきりしませんが、老化、肥満、家族歴、過剰な運動が挙げられます。

膝関節炎を予防するためには、普段の体重管理と適度な運動、関節に役立つ栄養を摂取しなければならず、健康な関節維持のため、血液循環の邪魔になる過度な飲酒と喫煙は慎んでください。

d. 膝関節に良い運動。
膝関節に役立つウォーキングの時間は20~30分ほどで、ウォーキングの時は膝に衝撃の少ない土が敷かれた運動場が良いでしょう。 自転車に乗るときは、膝の関節が90度以上曲がらないようにサドルを上げて乗ることも忘れてはいけません。

その他、膝関節に役立つ運動としては水泳があります。
運動と同じくらいストレッチングと適切な休息も重要で、運動をした後は関節が弛緩するようにストレッチングをしなければなりません。 100歳時代、健康で幸せな老後のため、普段からたゆまぬ運動で関節の健康を守ってください。

Post a Comment

0 Comments