リンゴの褐変を防ぐ方法

デザートにリンゴを入れたくても、時間が経つにつれて色が変わるので、気分が悪くなります。 美味しくて栄養価の高いリンゴのカルビを防ぐ簡単な方法はありますか? リンゴはカルシウム、カリウム、食物繊維、ビタミンCなどを豊富に含む体に良いが、切るとすぐに褐色になる。

なんで便通になってるの? その理由はリンゴのポリフェノールに関係している。 ポリフェノール空気と接触すると、酵素酸化物の影響で茶色になる。 空気中の酸素と反応する酸化過程のせいです

これを防ぐ方法はいくつかあります。 デザートにりんごをカットして持ってきてもいいですよ。 一番人気のある方法は包むことです。 台所で一般的な材料を使いやすく包むことで、リンゴが空中に届き、酸化されるのを防ぐことができます。 しかし、空気が残っていれば酸化することもあり、有効な方法とはいえません。

ラップの代わりにビニール袋に入れてリンゴの変化を防ぐこともできます。 また、できるだけ多くの空気を取り除き、密閉し、冷蔵庫に保管しておくことをお勧めします。 真空包装はビニール袋よりも効果的だ。 バキュームパッカーなしで塩やレモンジュースを使う方法もあるので、あまり心配しないでください。

それを塩に漬けるとリンゴはしょっぱくなる。 水1リットル未満、塩1/2スプーンで3~5分浸かるので安心です。 塩水に浸すと、ナトリウムイオンがポリフェノールの周りに壁を作り、酵素を抑制し、酸化を防ぐ。

塩の代わりに砂糖を使ってもよい。 コップ1杯の水、大さじ1杯の砂糖を混ぜ、それから510分間浸す。 砂糖がなければ、水1カップと蜂蜜大さじ2杯を混ぜてリンゴを漬けることもできる。 シンプルで効果的なので、一度は試してみたいと思います。

レモンがあれば、レモン汁を撒くか、リンゴにレモン汁を混ぜて水に入れる。 少し酸味が加わりますが、レモンに含まれるクエン酸が酸化を防ぐので、リンゴの焦げ付きを防ぐことができます。 茶色いなら、シナモンをふりかけなさい。 目の錯覚ですが、リンゴとよく合っていて、これ以上茶色くならないんです

Post a Comment

0 Comments