お米のとぎ汁、多様な活用法があります。

 ご飯炊く前には米をきれいに洗わなければなりません。 面倒ではありますが、お米を洗うときに出るお米のとぎ汁が肌にもよく、料理を作る際にも有用なので、ご飯をよく炊くようになるようです。 以前は面倒で面倒くさかったのですが、最近は別にペットボトルに保管したりしています。 お米のとぎ汁の活用法として調理をする時に利用しますが、他の方法もありますので、とぎ汁をそのまま捨てずに貯めておきましょう。

キッチンで手を洗う時に使ってみてください。 "野菜を整えて小麦粉をこねたり、肉を切るなど、厨房では手を洗うことが多いが、その都度、水を出しっぱなしにして閉めるのが面倒でした。 米のとぎ汁を適当な大きさの箱にためておき、手を洗う時に使うと。 洗浄効果があって石鹸を使わなくて、ビタミンも含まれていて肌にも良いそうです。


チゲはぼこぼこに煮るとおいしいのに。 土鍋は洗浄が難しいんです。 洗剤を吸収するから、洗剤で洗ったらダメだし… その代わり、お米のとぎ汁ですすぐと、洗剤の心配を吹き飛ばせます。 あと、洗い物をするときに汚れや食べ物の臭いが落ちにくいことがありますが、お米のとぎ汁につけておけばきれいに拭けますよ。

流し台の周りにシミも米のとぎれさえあればピカピカに拭くことができますので、掃除でご利用される方は噴霧器に入れてお使いください。 キッチンをきれいにしたらリビングと部屋を掃除するときにも使ってみましょうか。 お米のとぎ汁の活用法が多いですが、掃除をする時に特に役に立ちました。


洗浄効果の他、ワックス効果があって床を掃除すると床が潤うのですが、 家具を拭く時も使えるので、ほこり溜まってくすみかけた家の中を米のとぎ汁できれいに拭いてみましょう。 浴室についたお湯汚れが気になるなら、お米のとぎ汁にスポンジやたわしをしっかり浸してから拭いてあげるとツヤツヤ! 強い洗剤を使用しなくても良いという長所があります。

肌に譲歩すると美白効果が得られます。 ビタミンB1、 B2、ミネラル、でんぷんなどが溶けており、肌の老廃物をやさしく洗い流します。 スキンケアに悩んでいるなら、お気軽にお米のとぎ汁洗顔から実践してみてください。
特に肌が荒れてくすんだ日には、コットンにお米のとぎ汁を濡らしてパックのように使用し、顔はもちろん腕や足が乾燥している場合は、入浴時にお米のとぎ汁を入れてみてください。


お米だけ洗うと得られるお米のとぎ水の活用法がこんなに様々なのに、そのまま捨てていらっしゃるのではないですか。 もっと早く分かったらよかったのにって思う方も多いと思います。 ペットボトルに入れて冷蔵保管すれば1~2日ほど使えますが、顔に使う時は古いもので利用した方が良いと思います"。

Post a Comment

0 Comments