黄斑変性に良い食べ物は何ですか?

黄斑変性によく効く食品といえば、ブルーベリー、ホウレンソウ、卵などさまざまな食品を思い浮かべます。 目の健康のためには、一つの食べ物だけでなく、さまざまな栄養素をバランスよく食べることが最も重要です。 黄斑変性に良い食品も少なくないが、全ての栄養素を摂取することは予防と治療に有効だ。
黄斑は物体の像が形成される場所であり、何かがうまくいかないと、最も重要な視線が見えないかもしれない。 黄斑変性の原因は老化に関連しており、食事、高血圧、紫外線、喫煙が症状を悪化させる触媒となる。 したがって、生活習慣に気を付け、黄斑変性に良い食品で予防するのが良い。
黄色がかった色素が少ないほど、病気になる可能性が高くなります。 この色素は体内で作られていないので、食物として食べることが大切です。 ルテインを含む緑や黄色の野菜は色素を増やすのに役立ち、ブロッコリーやホウレンソウ、ケールでよく見られます。
老化や遺伝学など眼疾患にはさまざまな原因があるが、紫外線による損傷は無視できない。 黄斑変性は紫外線にも影響されるので、レンズや網膜の酸化や紫外線による損傷を防ぐため、常にルテインを多く含む食品の手入れが推奨されます。 ケール、ブロッコリー、ホウレンソウは黄斑変性によく効く食品で、白内障や鼻炎の予防にも期待できます。
ブルーベリーも黄斑変性には良い果物です。 ブルーベリーの成分であるアントシアニンは、目に栄養分や血液を送る毛細血管を強化します。 簡単なトッピングのジュースやサラダを食べて、目を健康に保ちましょう。
緑や黄色の野菜の他に、黄身は卵黄に含まれることが多い。 コレステロールを心配する人もいるが、1日1回は心配せずに食べることができる。 ルテインやゼアキサンチンなど目に良い栄養素が豊富なので、1日1回定期的に摂取してください。
ナッツは黄斑変性にも良い。 ビタミンEは紫外線から目を保護するので白内障や黄斑変性などを予防します。 血行を促進し、眼疲労、ドライアイ、老眼予防に効果があるため、推奨1日量を満たしてください。
ビタミンCが豊富な果物は白内障や黄斑変性などの緑内障予防効果があります。 朝は新鮮なフルーツスムージーを作ったり、おやつとして食べたりするのがいい。 ビタミンCが豊富なイチゴ、キウイ、オレンジ、グレープフルーツはレンズの酸化防止や白内障予防に役立ちます。
青い背中の魚は、魚のような味が強いので好きではないのですが、目の健康のために積極的に食べるのはいいことです。 血液がベタベタになったり、血管が狭くなったり、酸素や栄養素が目に適切に運ばれなくなったりすると、目の病気にかかりやすく、魚のDHAやEPAなどの不飽和脂肪が血液の流れをスムーズにする。
黄斑変性には良い食べ物を食べ続けることが大切ですが、目の健康を保つには正しい習慣が必要です。 紫外線から目を保護するためにサングラスをかけ、定期的に視力をチェックして、目のコンディションに合った眼鏡やレンズを着用するのです"

Post a Comment

0 Comments