水面の質を高める方法 虹色の鉛筆

一日の疲れを解消する睡眠時間をより有効に使える方法はないでしょうか。 "寝る時間は私たちの体を維持補修する時間だと言われるほど重要ですが、些細な行動で熟眠を妨げられる方がいます。" ベッドの位置や周辺に置かれた時計、電子機器など、安眠を妨げるものを片付けて熟睡できればと思っています。
枕の位置を変えてみます。 ベッドの頭が北を向いていると良くないとも言われますが、逆に寝付きが悪い感じがする日もあります。 片方だけで眠るよりは、その日のコンディションに合わせて頭を置く方向を変えてみるのも方法です。  
ぬるま湯でお風呂に入ります。 熱すぎるお湯は、自律神経を必要以上に活発にして、かえって寝にくくなるので、ぬるま湯でお風呂に入った方がいいです。 お風呂に入る時間は眠る2~3時間前が適当です。 
どうしても眠れないようでしたら、温かい牛乳を飲むようにします。 牛乳の中にはタンパク質が鎮静作用があり、心を落ち着かせます。 寝床に入るころにはお腹が空くという方もいますが、牛乳が飢えを癒してくれる効果もあります。
睡眠ホルモンを促進させるバナナを食べるのも方法です。 睡眠に役立つセロトニンを作るのに必要なトリプトファン成分が多く含まれており、心を落ち着かせるマグネシウムも豊富に含まれています。 牛乳にバナナをすり替えるのも睡眠の質を高める方法になります。
軽いストレッチングをします。 緊張していたり、考えが多いと熟睡しにくいため、適度な運動でストレスを解消し、リラックスした気持ちで寝るようにします。 
寝室は暗くて静かで涼しくします。 部屋はできるだけ暗くして、時計があればひっくり返しておいたほうがいいです。 もちろんアラームはきちんと合わせておかなければなりません。 寝室の環境を快適に変えても眠れないときは、落ち着くハーブを枕の横に置くのもいいですね。 ラベンダー、カモミール、スピアミント、レモングラス、ゼラニウム、ユーカリプトゥスなどが鎮静効果のあるハーブです。 
それでも眠りにくいなら、普段の生活習慣に問題がないか反省してみなければならないのですが。 眠る前に食べ過ぎたり、ベッドでテレビ、スマートフォンを見るのは睡眠を妨げる悪い習慣です。 就寝1時間前にはテレビのような明るい画面を見ないことがよく、寝る前の3時間以内に食べ物を食べないようにしましょう。 
熟睡のためにアルコールを摂取する方もいますが、摂取したアルコールが体から分解される際に交感神経が刺激され、結果的に睡眠を妨げることになります。 また、熟睡を妨げ、利尿作用で途中で目が覚めたり、朝早く起きることがあるので、熟睡のためには寝る3時間前までにしておいてください.

Post a Comment

0 Comments