ビタミンB12の効果は?

ビタミンB群の一つ、ビタミンB12の効能に注目が集まっている。 B群にはチアミン、リボフラビン、ミヤシン、ピリドキシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンが含まれるが、ビタミンB12はコバルトを含むコバラミンとも呼ばれ、鉱物の一種である。 ビタミンB12の影響をまだよく知らない人が多いです。 思った以上にさまざまな効果があるので、不足を防ぐのに十分な量の食物を食べた方がいい。


B12にはコバルトが含まれており、これはミネラルの一つなので、濃い赤色なので、赤いビタミンになることもあります。 細胞が分裂し、ヘモグロビンの合成を助ける効果を持つことが不可欠です。ヘモグロビンの合成は酸素を運ぶのに役立ちます。

欠乏すると悪性貧血を引き起こすことがある。 症状は、舌の赤みや膨張、下痢、呼吸困難、めまい、心臓の震え、だるさ、食欲不振など。 また、神経機能が低下すると、しびれ、痛み、集中力低下、忘却の原因にもなる。


ビタミンB12は貧血予防に効果がある。 赤血球を作るのに働く葉酸とB12はどちらも重要で、そのうち1つ以上は貧血につながる。 貧血の場合は葉酸とB12を飲めば症状が改善します。

神経細胞の正常な神経細胞機能をそのまま維持する効果がある。 末梢神経に損傷を与えると肩凝りや腰痛が起こり、ビタミンB12効果で損傷した末梢神経を修復することで、肩凝りや手のしびれなどを緩和することができる。 正常な脳機能の維持にも重要な役割を果たしているので、アルツハイマー型認知症の予防に期待したい。


不眠症にも役立ちます 不規則に生活すると睡眠リズムが乱れ、ビタミンB12を多く含む食品を食べると睡眠リズムの正常化が促進されます。

貧血、生活習慣病予防、不眠症などの人は、ビタミンB12の効能を調節できる食品を食べるのが良い。 魚介類のうち、カダラン、サンマ、貝類に含まれているほか、動物の肝臓やチーズにも含まれている。 ベジタリアンなら枯渇しそうですが、肉をよく食べると枯渇しにくくなります"

Post a Comment

0 Comments