ジュオジェ 年齢と身長, 学歴熱愛恋愛のおせっかい3モデル

a。生まれ:1986年11月28日(33歳)、昌原
b。身長:188cm学歴:弘益大学
c。職業:モデル、ディスクジョッキー、俳優
d。レコード会社:YGエンターテイメント

  大韓民国のモデルでありディスクジョッキーで弘益大学の機械工学科に通っていたが、2020年2月に退学したことを明かした。 2015年にユ·セユンの"私たち喧嘩したんだ"、中2病のミュージックビデオに出演してデビューした後、芸能で活発な活動を見せている。2016年に覆面歌王第45回競演でドレミファソロシージョ·ピアノマンという仮名で参加した。 ちなみに覆面歌王だけでなく、彼がバラエティーに出るたびに制作陣がキム·グラの推薦でオファーしたという。そのおかげで、金グラを"芸能の父"と思っているほど。 


出演のきっかけは"ラジオスター"で"ユン·ジョンシンオタク"コンセプトで出たが、金グラに振られたが、このために金グラに自分も笑わせることができるということを認めてもらうために出たと明らかにした。 その後、控え室では判定団であるナヨンとツウィに選ばれなかったことを残念がりながらも、"それでもいい"と言って叔父のファン認証をしており、第68回競演で判定団に参加した。その他にもヒップホップの民族2、歌合戦などに出演しながら様々な放送活動とモデルの仕事を並行している。​

優れた学歴とビジュアルで注目を浴びたチュ·ウジェが、現実的な恋愛助言で目を引いた。 今月5日に放送されたKBS Joyのバラエティ番組"恋愛のおせっかいシーズン3"第18話では、11歳年上のボーイフレンドと5年間恋愛中の悩み女の物語が描かれた。同日、恋愛相談を要請した女性は、"自分のボーイフレンドが精神的にも物質的にも大いに助けられているが、些細な部分でお金を惜しむ瞬間がある"と指摘した。彼と5年ぶりに牛肉を買って食べ、高すぎると言い争ったのはもちろん、旅行中に4千ウォンのビールでも大げんかをしたこともあるという説明だ。


チュ·ウジェはボーイフレンドが必ずお金を使わなければならない状況だけに金を使ったため、ガールフレンドと住む家を探したという反論を聞いて"ボーイフレンドが使うべき所には十分によく使っているようだ"という意見を見せた。 大多数の出演者らが"彼氏がケチすぎる"と指摘したのとは対照的な部分だ。一方、チュ·ウジェはソウル所在の大学出身という学歴と"脳セクシー男"のイメージが加わりスポットライトを浴びた。チュ·ウジェが嬉しい近況を伝えた。

4日、モデルのチュ·ウジェは 自分のインスタグラムに"僕はサッカーが 出来ないと思います。 ふふ。でもどうしましょう? 思ったより下手だが、サッカーをする時は白いシャツにスキニージーンズにブーツしよう"という書き込みと共に2枚の写真を掲載した。写真の中のチュ·ウジェは、小さな顔と優越な比率でモデルの威厳を見せた。 チュ·ウジェは、"冷美男"のようなビジュアルに可愛くて突拍子もない魅力でファンの笑いを誘った。 チュ·ウジェの写真を見たファンたちは"すごく可愛い"、"でもかっこいい"といったコメントを残した。一方、チュ·ウジェはKBS Joy芸能'恋愛のおせっかいシーズン3'に出演中だ。​


韓国代表"マンチクナム"チュ·ウジェが自分とぴったりのキャラクターに出会う。5日に放送されるKBS Joy芸能番組"恋愛のおせっかいシーズン3"第18話では、万能の才能を持つチュ·ウジェが、ドラマのメイン俳優として活躍する姿が描かれる。同日、男性主人公としてチュ·ウジェが登場すると、皆びっくりしながらMC席を捨てて、VCR画面の前に突進すると言う。 兄と姉の爆発的な関心にチュ·ウジェはついにVCR中断を要請するが、ハン·ヘジンはこれに屈することなく"早くプレーしてほしい。 一場面も見逃さない"と積極的に出て現場を爆笑させたという裏話だ。チュ·ウジェが演じた人物は、ほかならぬ王子様のような外見の彼氏。 このように悩む女性は、皆が羨ましがる彼氏と恋愛を始めたが、彼のそばに立つと小さくなる自分を感じたという。 しかも"悪い男"スタイルの彼氏は"悩み女"を大事にしてくれない。

これにソ·ジャンフンは"これはほとんどファンとスターの関係"と二人の関係を診断し、クァク·ジョンウンは"本人が王女になるために王子を選んだが、結局侍女になった"とファクト爆撃に出る。ここに想像もできなかった場面まで続く。 これに彼氏の役を演じたチュ·ウジェさえ"私も知らない場面だ。 私の台本にはなかった内容だが"と戸惑い"もし私が悩んでいたら党首としてただではおかないだろう"と憤る。 キム·スクも"万引き男、本当に破ってしまいたい"と激しい反応を見せたといい、果たしてみんなを衝撃に陥れた話が何か好奇心をあおる。最後にチュ·ウジェが"私が演技をしながらボーイフレンドがこんな人だったらいいなと思いながら演技したのがある"と積極的に最終口出しに出た中、キム·スクとハン·ヘジンは悩み女に正反対のソリューションを下したという噂だ。


ドラマを引っ張りながら魅力のチュ·ウジェの姿と共に多様な視線で難しい恋愛問題を分析して口を挟んでくれるMCたちの助言を聞くことができるKBS Joy'恋愛のおせっかいシーズン3'第18話は今日(5日)夜10時50分に放送される。一方、KBS JoyはSkylife1番、SK Btv80番、LG Uztv1番、KTollehtv41番、そしてKBSモバイルアプリ'myK'で視聴でき、地域別ケーブルチャンネル番号はKBS Nホームページで確認できる。 "恋愛のおせっかいシーズン3"の映像は主なオンラインチャンネル(ユーチューブ、フェイスブックなど)やポータルサイトでも見られる。今月5日に放送されたKBS Joyのバラエティ番組"恋愛のおせっかいシーズン3"第18話では、11歳年上のボーイフレンドと5年間恋愛中の悩み女の物語が描かれた。

悩み女のボーイフレンドは精神的にも物質的にも大きな力になってくれる人だが、お金を節約しすぎる習慣があった。 5年ぶりに初めて牛肉を買って食べ、価格が高騰した"とし、"けんかしたのはもちろん、旅行中、4千ウォンのビールを注文するかしないかで、大喧嘩をしたこともある"彼氏は貧しく育ったため、未来のためにお金を節約したかった。これに彼氏の立場も続いた。 自分はお金を使わなければならない状況ではお金を惜しまず、代わりに節約できる部分は最大限節約し、その結果、ガールフレンドと住む家を借りることができたという。



これに対しソ·ジャンフンは"ボーイフレンドがお金を節約してチョンセ契約を結んだのは拍手を送りたい。 すごい。しかし、生活の質というのがある。 人生を十分に楽しむには足りないのに、ビール一杯のために旅行を台無しにするなんて話にならない。 いくら事情があったとしても彼氏の態度はひどい"と悩みの女の肩を持ったのに対し、チュ·ウジェは"彼氏が書かなければならないところには十分によく使っているようだ"と反論した。ハン·ヘジンは自分の経済哲学を明らかにし"私が17歳からお金を稼ぎ、21年間お金を稼いでいるが、年を取れば取るほど'消費こそその人'という気がする。 極端ではあるが、私が相手をどう考えるかによって消費もついていくようだ"との意見を慎重に伝えた。

キム・スクは「年齢が11歳くらいの差が出るため、彼氏見るにはガールフレンドが子供のようなことだ。」と、新しい視点でゴミンニョとゴミンナムの状況を分析しながら、「互いに一歩ずつ譲歩しなければならない。私の周りにケチを見れば計画性のあるものが好きだったよ。その金額を超えると千円満超えても震える。デートをするときの金額を決めてのはどうだろうか」と現実的な解決策を提示した。一方、ソ・ジャンフンは「ボーイフレンドは、自分の考えと同じ人に会って結婚しなさい。ガールフレンドは、ボーイフレンドと別れなければならない」ときっぱりと結論を下した。

Post a Comment

0 Comments