イチゴ効能イチゴカロリー調べる

酸っぱくて甘く味が良いいちごは体に良い効能はもちろん、低いカロリーでダイエットする女性の方にも良い果物と申します。 グヮイルギェのルビーと呼ばれるイチゴ効能とイチゴカロリーを詳しく調べましょう。

多様なイチゴ効能 


 ビタミンCが豊富です。 イチゴにはレモンの2倍、謝罪の10倍程度のビタミンCが含有されています。ビタミンCはさまざまなホルモンを調整しながら、副腎皮質の機能を活発にして体力増進に役を与えます。 また、抗酸化作用をして細胞老化を抑制してくれます。悪いコレステロールのLDLコレステロール、中性脂肪の数値を落とします。カロリーが低く、ダイエットに効果的です。


イチゴカロリーいくら?

100gに27㎉でカロリーが低く、ダイエット果物で選好度が高いです。 他の果物と比較してみると、バナナは93㎉、謝罪57㎉です。季節病を退治します。 イチゴには必須栄養素が豊富で、3~4個ばかり食べてもあまり疲れを予防することができます。イチゴに入っているフラボノイド成分が、心臓疾患を予防します。アントシアニンの成分が目の視神経を安定させます。イチゴの中の鉄分は貧血予防効果があり、妊婦に良い食品です。赤い色に多くのライコペンが免疫力を高めて、風邪の予防に役を与えます。


イチゴ+牛乳効能 

牛乳のタンパク質と脂肪が結合されて栄養のバランスを合わせることができ、イチゴのビタミンCは牛乳のカルシウムと鉄分の吸収に効果的です。


イチゴ副作用

 イチゴはカロリーが低く、ビタミンCが豊富だが、過当がいてたくさん摂取した場合、血糖を一気に上げられるようになります。 したがって、1回摂取量を10個に制限して1日に2回以上摂取しないことが良いです。さまざまな効能を持っているイチゴは1日3~4個ばかり食べても、1日に必要なビタミンの摂取量を十分に満足させてくれます。


イチゴ保管法 

柔らかく痛みやすいイチゴは購入後すぐ食べたり、蛇口を懲りずに冷蔵保管するのがいいです。 ラップをかぶせて冷蔵保管をしたり、そのつど必要な分だけ購入して食べることが望ましいです。

Post a Comment

0 Comments