胃潰瘍に良い果物の種類

胃潰瘍になったときに気軽に食べられる胃潰瘍に良い果物を調べましょうか。  胃腸疾患が発生すると、塩辛くて油っこい食べ物は遠ざけて、水っぽくて消化の良い食べ物を準備しなければなりません。 そのようなものばかり食べると飽き、ストレスが溜まってしまい、胃の負担も少なく、味は良い胃潰瘍に良い果物をとるといいと思います。

胃の粘膜が、何らかの原因によって溶けてしまったものを胃潰瘍というんですが。 一般的に胃に穴が開いたとも言われています。 潰瘍が繰り返されると、痛みはもちろん嘔吐、吐き気などが感じられ、ひどい場合は吐血や下血などができるんですよ。

ストレスが多かったり、不規則な生活をした場合は発症しやすいので、規則正しく生活する習慣を持ち、アルコール、刺激的な食べ物は控える必要があります。 果物の場合、酸度の高い酸っぱいものは症状を悪化させることがあるので、消化の良い胃潰瘍に良い果物として取り込んだ方がいいです。     

消化しやすく満腹感も良いバナナは胃潰瘍に良い果物だそうです。 体重管理をする時によく食べる方ですが、味はもちろん、体に良い効能があります。 ゆっくり噛んで食べれば胃に負担がかかりませんので、果物が食べたい時に食べてください。

リンゴも気軽に食べられる果物です。 ペクチンという成分が胃の粘膜を保護し、消化を助ける効果があります。 また、胃酸の分泌を正常に戻してくれるので、胃疾患のある方も食べることができます。

桃は胃酸の分泌を成功させる胃潰瘍に良い果物です。 ペクチンが含まれていて、リンゴよりカロリーが低いのでダイエットしている方でも気軽に摂取できますよ。 また、インスリンの働きを助ける成分もありますし、食物繊維が多くて便秘の改善にも効果があります。

ご紹介した果物はすべて胃潰瘍に負担のない果物ですが、取りすぎは避けたほうがいいです。 逆に胃潰瘍に悪い果物としては、酸味の強いオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどがあります。

Post a Comment

0 Comments